web会議関連情報

HOME働き方改革で取り入れたいweb会議

最終更新日:2017/11/20

働き方改革で取り入れたいweb会議

通話中の女性

日本の労働人口が年々減っている今、政府も働き方改革を推進することで、今までは育児や介護といった理由で仕事に参加できなかった人たちを取り入れることで、この問題を解消しようとしています。この働き方改革を各会社が実施する上で足枷となるのが、「働く時間と空間をどう設定するか」ではないでしょうか。先ほど言った、なかば在宅を強いられる生活をされている方の場合、毎日決まった時間に出勤し、定時まで働くというフルタイム勤務は非常に難しいものです。子供の送り迎えもありますし、会社に行っている間、介護が必要な両親の状態が気にかかるということもあるでしょう。時間で見た場合、いわゆる時短労働はそれなりに可能ですし、現在はネットが普及していますから、意思疎通にそれほど困難が伴うことはありません。しかし、単にメールや電話のやり取りだけだと、どうしてもコミュニケーションが不十分だと感じてしまうこともあるでしょう。文字や音声だけだと作業内容に誤解が生まれることがあるかも知れません。そういう時に導入しておきたいのがweb会議システムです。これはノートパソコンからでも、スムーズに映像と音声による通話が可能になるシステムのことです。これなら、在宅の方でも会社のいるスタッフと会話ができるので顔を見ながらの会話が可能になります。また、最近のweb会議システムであれば、通話をしつつ、資料のやりとりもできます。これが電話だと、スマホや受話器を片手にパソコンを操作するのが面倒ですし、何より顔が見えませんよね。メールでも資料は送れますが、web会議ならパソコン上でポインタを動かすことができるので、作業で注意する点や項目を指し示すことができるので、ケアレスミスの防止にも一役買ってくれるのです。さて、web会議のメリットは他にもあります。電話と違って同時に複数の人とシステムを通じてやり取りができるので、一回の作業でまとめて指示や注意事項の伝達が行えます。これは出勤して在宅社員をまとめる人からしても、作業の無駄が省けるので、大きな利点と言えるでしょう。web会議の注意点としては、通信ラグがあったり、複数人だと動作が重くなるといったことです。しかし、優秀な会社のプランだと、そういった環境でも円滑な通信ができ、なおかつ余計な設備を買い足さずに今あるものでシステムを導入できる会社もあります。興味のある方は、web会議の口コミサイトも活用しつつ会社の働き方を一新させてみましょう。

一覧はこちら

web会議ランキング

TOP